イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

ローマで絶対に外せない観光スポット、世界遺産コロッセオの入場レポート!

ローマを訪れたら絶対に外せない観光スポットの一つが、世界遺産の「コロッセオ」です!
世界中から観光客が訪れる人気観光地なので、入口はいつも混雑しています。
入場券をすでに持っている方は、並ぶレーンを間違えると大変なことになります。
このページでは、コロッセオに入場した様子をお伝えするので参考にしてくださいね(*^_^*)

スポンサーリンク


DSCN1073

コロッセオは約2000年前に建てられた円形闘技場で、世界遺産に指定されています。
周囲527メートル、高さ48.5メートル、約5万人を収容できた、とてつもなく巨大な建物です。
映画「グラディエーター」でも描かれていますが、剣闘士たちが命をかけて闘いを行っていた場所です。他にも水中ショーなど様々な催しが行われ、食料も無償で配布されていました。
皇帝はローマ市民に娯楽の場を提供することで、権力を絶大なものにしていったのです。

DSCN1070

【コロッセオ】
営業時間:開場時間は年間を通して8:30からですが、閉場時間が異なります。
3月最終日曜から8/31は~19:15、9/1から9/30は~19:00
10/1から10月最終土曜は~18:30、10月最終日曜から2/15は~16:30
2/16から3/15は~17:00、3/16から3月最終土曜は~17:30
※最終入場時間は、各閉場時間の1時間前です。
休日:1/1、5/1、12/25
料金:12ユーロ(コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘共通券)
工事期間:コロッセオでは、数年に渡って大規模な修復工事が行われています。(通常どおり入場可能)2016年春頃までは外壁の修復工事中で、その後は内部の工事予定です。※2016年7月に外壁工事が完了し、美しくなった姿を見せてくれています。

DSCN1069

コロッセオのすぐ隣にあるのが、こちらの「コンスタンティヌスの凱旋門」です。
コンスタンティヌス帝が皇位を争うマクセンティウス帝を破った「ミルヴィオ橋の戦い」の勝利を記念し、315年に建てられました。
高さ21m、幅25m、大理石製の巨大な門で、非常に美しく繊細な彫刻が施されています。
凱旋門といえばパリが有名ですが、パリの凱旋門はこちらをモデルに建てられたんですよ。

DSCN1083

コロッセオは、こちらの西側入口から入場します。
入口では荷物検査があり、チケットをすでに持っている方も含め全員並ぶ必要があります。
※フォロ・ロマーノまたはパラティーノの丘で共通入場券を購入済み、ローマパスを購入済み、ネットで事前予約済みの方もです。

DSCN1082

荷物検査を終えて進むと、このような看板が目に入ります。
私達が訪れた時は左レーン「共通入場券をすでに持っている者」「ローマパスの保持者」「予約者」右レーン「共通入場券の購入希望者」に分かれていました。
右レーンはいつも行列ができているので、間違えると並び損ですから注意してくださいね。
ちなみに左レーンは並ぶことなく、スムーズに入場できましたよ♪

DSCN1085

ゲートをくぐり少し先へ進むと、右側にオーディオガイドの貸し出しカウンターがあります。
日本語の音声ガイドもあり、料金は5.5ユーロで借りられます。
デポジットとしてパスポートを預ける必要があり、音声ガイド返却時に返してもらえます。

DSCN1086

ゲートをくぐった辺りには、階段がありますので2階から見学していくと良いでしょう。
2階へ上がるとちょうどコロッセオの東側に出て、全体を見渡すことができます。
2000年も前に、こんな巨大スタジアムの建築技術を持っていたなんて凄すぎますね(≧▽≦)

DSCN1092

内部は一周しても15分ほどなので、ぐるりと回ってみることにします。
観客席は下から順に皇帝、議員、騎士、市民、奴隷と身分によって分かれていました。
実は当時のコロッセオは大理石で装飾されていたので、大理石製の客席が一部残っています。

スポンサーリンク


DSCN1088

床に目をやると無造作に遺跡の一部が転がっていましたが、保護しないのでしょうか?

DSCN1093

1階を見下ろしてみると、けっこう高さがあるのが分かりますね~。
皆さん2000年前の遺跡に座って、くつろいでいるようですがこれはいかがなものか…(*_*;)

DSCN1094

ちょうど建物を半周して西側にやってきました。
コロッセオ全体が綺麗に撮影できるのは、この西側または2階へ上がってすぐの東側ですね♪

DSCN1097

壁のすき間からは、コンスタンティヌスの凱旋門が見えました。
この壁ですが、薄いレンガをたくさん積み重ねてコンクリートで接合してあるんですよ。
おそるべし古代ローマ人の技術力!

DSCN1100

さらに半周してみると、巨大な十字架がある「皇帝席」が見えました。
皇帝席は日光が当たらないように設計されていた、特等席だそうですよ。

DSCN1104

ちょうど一周した辺りでは、コンスタンティヌスの凱旋門とパラティーノの丘が見えました。
階段がありましたので、ここで1階へ下ります。

DSCN1107

1階では、かつての床面は失われていますが、地下空間を間近で見ることができます。
地下には競技で使われるライオンなどの猛獣が準備され、手動式の昇降機で舞台に登場させていたと言いますから驚きですね!

DSCN1117

コロッセオの内側と外側の間にある廊下では、発掘品などの展示が行われていました。
以上でコロッセオの見学は終了になります(*^^)v
見学にかかる所要時間は、30分~1時間が目安です。早い人なら15分で終わると思います。

DSCN1118

こちらの南側出口から退場しました。
コロッセオの周辺には、記念撮影を求めてくる剣闘士の恰好をした人がいます。
良心的な金額を提示する人もいますが、ぼったくりやスリの被害が多いので注意して下さい!
次のページでは、映画ローマの休日にも登場する「真実の口」への行き方を紹介しています♪
映画「ローマの休日」の舞台となった、真実の口への行き方を紹介します!

コロッセオは人気観光地ゆえ、チケット売り場にはいつも行列ができています。特に観光シーズンは、当日にコロッセオで入場券を購入するのは避けた方がいいです。
行列を回避する方法はいくつかありますが、事前にネット予約(英語サイト)していくか、フォロ・ロマーノまたはパラティーノの丘のチケット売り場で共通入場券を購入するか、オプショナルツアーに申し込む方法がおすすめです。
「VELTRA / Alan1.net」では、コロッセオに入場する半日・終日観光ツアーiconを扱っているので、当日時間がない方やネット予約が心配な方は利用するのも手でしょう。
詳しくはこちらのページでも解説しているので、合わせてご覧ください♪
コロッセオで並ばずに入場する方法とは?チケットのネット予約方法も紹介

スポンサーリンク

↓ シェアしてもらえると嬉しいです☆ ↓

関連記事

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中

ポチッと応援してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

ツイッターやってます

よく利用する航空券予約サイト

航空券を予約する時は、この3サイトで最安値を比較することが多いですね。航空券のネット予約では、「料金には燃油代が含まれているのか」「発券手数料が無料・有料どちらなのか」をチェックするのがポイントです!

JTBは前後3日間検索で最安値の航空券を見つけやすく、発券手数料0円なのも嬉しい!

HISといえば格安海外旅行の代表格ですね。LCC航空券も豊富に扱っています!

DeNAトラベルは発券手数料が高めですが、激安航空券が転がっていることも!

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。