イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

イタリア行き航空券を格安で予約しよう!相場やおすすめの予約サイトとは?

ネット検索するとイタリア行きの航空券はたくさんありますが、実際いくらぐらいが相場なのか気になりませんか?
また、たくさんの海外航空券予約サイトが存在しているので、どのサイトを利用すればいいのか迷っていまいますよね(>_<)
イタリア行きの航空券の大まかな相場と、おすすめの航空券予約サイトを紹介します。
往復・周遊・オープンジョー、イタリア旅行の場合どう使い分けたらいいのかもご覧下さい。
このページを読んで、ぜひイタリア行きの航空券を格安で予約してくださいね(*^▽^*)

スポンサーリンク

イタリア行き航空券の相場とは?

DSCN9930

イタリア行きエコノミークラスの航空券は、燃油サーチャージ込みで10万程度~が相場です。
直行便のアリタリア航空や日本の航空会社JALとANA、利便性が高いヨーロッパの航空会社は、10~6月の通常期で10万円~、7~9月のハイシーズンだと数万円高くなるのが相場です。
中には相場よりかなり航空券代の安い航空会社もあり、カタール航空やエティハド航空など中東の航空会社やアエロフロート・ロシア航空は、10~6月の通常期で6万円前後~、7~9月のハイシーズンでも8万円~とかなり安く行くことができます。
アジアの航空会社は、10~6月の通常期で8万円前後~、7~9月のハイシーズンで10万円~が相場とこちらもリーズナブルになっています。
また、お盆の時期である8月中旬は、年間で最も航空券が高くなる時期で15万円~が相場です。
日程を何日かずらすだけで、数万円も安くなりますよ。ゴールデンウィークや年末年始もチケット代は高騰すると思われがちですが、探せば意外に安い航空券も見つかります。

航空券の相場が安い順に並べると…

  1. 中東の航空会社とアエロフロート・ロシア航空
    10~6月・・・6万円~
    7~9月・・・8万円~
  2. アジアの航空会社とターキッシュエアラインズ
    10~6月・・・8万円~
    7~9月・・・10万円~
  3. ヨーロッパの航空会社
    10~6月・・・10万円~
    7~9月・・・12万円~
  4. 直行便のアリタリア航空
    10~6月・・・10万円~
    7~9月・・・12万円~
  5. 日本の航空会社(JALとANA)
    10~6月・・・10万円~
    7~9月・・・15万円~

イタリア行き航空券の種類とは?

DSCN9660

  • 往復航空券
    その名の通り、往路と復路の出発空港と到着空港が同じ航空券のことです。
    「ローマに3泊し、フィレンツェに日帰りまたは1泊2日で足を延ばすプラン」など、基本的に1都市滞在型や1都市+近郊都市訪問型の旅行に向いているチケットです。
  • 周遊航空券
    複数の都市を巡る航空券のことで、都市間移動はすべて飛行機を使いたい方におすすめです。
    「ローマとベネチアの2都市訪問プラン」「ローマとミラノの2都市訪問プラン」など、都市間を鉄道やバスで移動すると時間が掛かってしまう場所を訪れたい場合に利用すると便利です。
    また、パリ・ミラノ・ローマなど、ヨーロッパの各都市とイタリアの各都市を自由に組み合わせて巡ることも可能です。
  • オープンジョー航空券
    周遊航空券と同じく複数の都市を巡る航空券ですが、都市間を飛行機以外の交通手段で移動したい方におすすめです。
    イタリアには魅力的な都市がたくさんあり、高速鉄道網も発達しているので、時間がある方はぜひ複数都市を高速鉄道で巡ってみてください。
    「ローマ・フィレンツェ・ベネチア・ミラノの4都市訪問プラン」だと、日本出発→【飛行機】→ローマ→【高速鉄道】→フィレンツェ→【高速鉄道】→ベネチア→【高速鉄道】→ミラノ→【飛行機】→日本到着、というルートになります。
    ※当たり前ですが、都市間移動の費用は航空券代に含まれていないので自己負担となります。

スポンサーリンク

イタリア行き航空券のおすすめ予約サイト

航空券を予約する際には、大切なポイントが4つあります。

  • 直行便・乗継便どちらのフライトなのか
  • どの航空会社を利用するのか
  • 往路・復路の発着時間は適切か
  • 所要時間は掛かりすぎていないか(乗継時間は短すぎない、または長すぎないか)

これらのポイントをしっかりと確認し、航空券を予約してくださいね(*’ω’*)

また、ネット上にはたくさんの海外航空券予約サイトが存在しているので、どの予約サイトを利用したらいいのか迷ってしまいますよね。
やはり国内最大手のJTBと格安航空券の先駆者であるH.I.S.は、往復航空券だけでなく、周遊・オープンジョー航空券も検索できて取扱数も豊富です。
航空会社別比較・並び替え機能など、検索に便利な機能も充実しているのでおすすめです。
航空券を検索する前に「直行便と乗継便の違い」「どの航空会社がおすすめなのか」について知りたい方は、こちらのページも合わせてご覧ください♪
イタリア行きの航空会社はどこがおすすめ?直行便と乗継便の違いを知ろう

JTB

JTB-1

1. こちらはJTBの航空券検索トップ画面になります。
往復航空券を検索する場合は、到着地・日本/現地出発日を入力して検索ボタンを押します。
周遊・オープンジョー航空券を検索したい場合は、①をクリックすると別画面に移動します。

JTB-2

2. 周遊航空券はこちらの画面から検索します。
例えば「ローマとミラノの2都市訪問プラン」で、都市間移動に飛行機を使いたい場合は、このように往路:東京→ローマ、周遊区間1:ローマ→ミラノ、復路:ミラノ→東京と検索します。さらに区間を追加したい場合は、①の「区間追加」をクリックします。
座席クラス・航空会社などの詳細条件を指定したい場合は、②で入力しましょう。

JTB-3

3. オープンジョー航空券も周遊航空券と同じ画面から検索します。
例えば「ローマ→フィレンツェ→ベネチア→ミラノの4都市訪問プラン」で、都市間移動に鉄道を使いたい場合は、往路:東京→ローマ、復路:ミラノ→東京と検索しましょう。

JTB-4

4. こちらは航空券の検索結果画面になります。
①は「航空会社別に最安値比較できる機能」と「前後3日間検索できる機能」です。
②は表示順を「料金が安い順・往路所要時間が短い順」に並べ替えられる機能です。
検索結果画面は、最初から料金が安い順に並んで表示されます。
▼詳細はJTBのサイトをご覧ください。

H.I.S.

HIS-1

1. こちらはH.I.S.の航空券検索トップ画面になります。
往復航空券を検索する場合は目的地・出発日・現地出発日を入力して検索ボタンを押します。
周遊・オープンジョー航空券を検索したい場合は、①をクリックすると別画面に移動します。
座席クラス・航空会社・予算などの詳細条件を指定したい場合は、②をクリックしましょう。

HIS-2

2. 周遊航空券はこちらの画面から検索します。
例えば「ローマとミラノの2都市訪問プラン」で、都市間移動に飛行機を使いたい場合は、このようにフライト1:東京→ローマ、フライト2:ローマ→ミラノ、フライト3:ミラノ→東京と検索します。さらに区間を追加したい場合は、①の「フライトを追加する」をクリックします。

HIS-3

3. オープンジョー航空券も周遊航空券と同じ画面から検索します。
例えば「ローマ→フィレンツェ→ベネチア→ミラノの4都市訪問プラン」で、都市間移動に鉄道を使いたい場合は、フライト1:東京→ローマ、フライト2:ミラノ→東京と検索しましょう。

HIS-4

4. こちらは航空券の検索結果画面になります。
①は航空会社別に料金比較できる便利な機能です。
②は表示順を「料金順・所要時間順・出発時間順・到着時間順」に並べ替えられる機能です。
検索結果が表示されると、最初はおすすめ順に並んでいるので自分好みに並べ替えましょう。
所要時間や乗継時間、現地滞在時間など詳しい情報を知りたい場合は、③の「フライト情報を見る」をクリックします。
▼詳細はH.I.S.のサイトをご覧ください。

最低乗継時間(MCT)について
フライトスケジュールを見ると、乗継時間が1時間以下の航空券に出会うことがあります。
初めて訪れる空港なのに1時間で乗り継げるのだろうか?と不安になりますよね。
最低乗継時間は各空港や航空会社によって定められており、40~90分程度が一般的です。
航空券予約サイトや航空会社では、定められた最低乗継時間をクリアした航空券しか販売されていませんので、乗継時間が短くても大丈夫です。
また、航空券を予約する際は、同一の航空会社またはコードシェア便を購入しましょう。
万が一、遅延が発生して乗継便に搭乗できなかった場合、航空会社に責任があるので代替便を手配してくれます。心配だなと思われる方は、最初から乗継時間が1時間半~2時間くらいある航空券を予約しておくと安心でしょう。
※異なる航空券予約サイトや航空会社から予約した航空券、追加購入した航空券は、この保証対象外ですので注意してください。

スポンサーリンク

↓ シェアしてもらえると嬉しいです☆ ↓

関連記事

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中

ポチッと応援してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

ツイッターやってます

よく利用する航空券予約サイト

航空券を予約する時は、この3サイトで最安値を比較することが多いですね。航空券のネット予約では、「料金には燃油代が含まれているのか」「発券手数料が無料・有料どちらなのか」をチェックするのがポイントです!

JTBは前後3日間検索で最安値の航空券を見つけやすく、発券手数料0円なのも嬉しい!

HISといえば格安海外旅行の代表格ですね。LCC航空券も豊富に扱っています!

DeNAトラベルは発券手数料が高めですが、激安航空券が転がっていることも!

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。