イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

「サン・マルコ広場周辺」の魅力的な観光スポットをたっぷりと紹介!

ベネチア滞在2日目は、ベネチア本島にあるサン・マルコ広場周辺を観光したいと思います!
このサン・マルコ広場周辺は、ベネチア観光の中心地でいつも混雑しています。
まずはこのページを読んで、どんな観光スポットがあるのか把握してくださいね。
スポットが集中しているので、時間がない方はこのエリアだけ観光するのがおすすめです♪

スポンサーリンク


DSCN9766

宿泊しているリド島からベネチア本島へは、ヴァポレット(水上バス)で向かいます。
リド島のヴァポレット乗り場では、C乗り場のサン・マルコ広場までの直行便14番線に乗り、15分ほどで本島に到着しました。それにしても、あいにくの空模様ですね…

DSCN9775

こちらはサン・マルコ広場前にある、San Zaccaria(サン・ザッカリア)停留所の周辺です。
この辺りには、ベネチア名物のゴンドラがたくさん係留されていました。
このゴンドラに乗って、水路からの観光も素敵ですね~(*´ω`*)
ゴンドラはコースや料金が大体決まっており、30~60分で60~120ユーロ/1艇が相場です。
交渉するのが不安な方、確実に乗りたい方は、オプショナルツアーを利用するのも手ですね。
詳しくは「VELTRA / Alan1.net」生演奏と唄で楽しむゴンドラセレナーデをご覧ください♪

venice5

対岸には1日目にも見かけた、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島と教会がありました。
水面すれすれに教会がありますから、高潮時は間違いなく水没しますよね(^-^;)

【サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会】
時間:9:30~12:30、14:30~18:30、日曜14:00~18:30 休日:なし 料金:鐘楼6ユーロ

サン・マルコ広場周辺はコンパクトなエリアの中に、主要な観光スポットが集まっています。
緑色で塗りつぶされているのがサン・マルコ大広場、水色が小広場です。
それでは、ポイントA~Hまで順番に観光スポットを紹介していきますね!

DSCN9780

ポイントA こちらは、ドゥカーレ宮殿と監獄を繋いでいた「ため息橋」です。
この橋を通った囚人は、生きて帰れないと言われていた悲しい歴史があります。
この辺りは特に観光客が多くて混雑していた場所なので、スリには注意してくださいね。
ドゥカーレ宮殿を見学するとため息橋の内部も見学できるのですが、時間がない方は手っ取り早くオプショナルツアーに参加するのもおすすめです。
詳しくは、VELTRA / Alan1.netサンマルコ寺院とドゥカーレ宮殿半日ツアーをご覧ください♪

DSCN9801

ため息橋から少し歩くと、見えてくるのが…サン・マルコ広場です(≧▽≦)
美しい建物ばかりで、まるで中世にタイムスリップしたかのような気分になりますね。
ここは運河に面したサン・マルコ小広場の方で、もう少し先に進むと大広場もあります。

スポンサーリンク


DSCN9795

ポイントB サン・マルコ広場に来て最初に目に入るのが、こちらの「ドゥカーレ宮殿」です。
共和国時代に総督の自宅と政庁を兼ねて建てられた、ゴシック建築の宮殿になります。ベネチア派画家の作品が展示されており、世界最大の油絵、ティントレット作「天国」は必見です。

【ドゥカーレ宮殿】
時間:4月~10月 8:30~19:00、11月~3月 8:30~17:30 最終入場は1時間前。
休日:12/25、1/1
料金:16ユーロ(コッレール博物館と共通チケット)

DSCN9799

ポイントC ドゥカーレ宮殿の向かいに立っている、赤いレンガ造りの塔は「大鐘楼」です。
塔の上部にある見晴台は、360度ベネチアの街並みが見渡せる絶景スポットになっています。
次のページでは、大鐘楼の見晴台に上った様子を紹介しているので合わせてご覧ください♪
ベネチアの絶景ビュースポット!大鐘楼の見晴台は絶対に上ってみよう

DSCN9807

ポイントD 広場の中心的存在なのが、こちらの「サン・マルコ寺院」になります!
残念ながらこの時は外壁の工事中でしたが、それでも素晴らしさは充分に伝わってきます。
豪華絢爛なモザイク画や内部の装飾は、どれほどベネチアが繁栄していたか物語っています。
サン・マルコ寺院に入場した様子は、こちらのページで詳しく紹介しています♪
ベネチアのシンボル「世界遺産サン・マルコ寺院」を見学するポイントって?

DSCN9834

ポイントE サン・マルコ寺院のとなりにある「時計塔」は、予約者のみ内部見学できます。
青地の美しい星座表の上には、聖母子像と有翼のライオン像が飾られていました。
500年以上も時を刻み続けており、てっぺんには正午を知らせるムーア人像と鐘があります。
「VELTRA / Alan1.net」ではサンマルコ広場の時計塔 入場チケット予約代行を行っています。

DSCN9808

ポイントF「新行政館」ポイントG「コッレール博物館」ポイントH「旧行政館」です。
新・旧行政館は外観のみの見学となります。写真右奥に見えるのがコッレール博物館で、ベネチアの歴史や文化が紹介されており、ベネチア派画家の作品も展示されています。

【コッレール博物館】
時間:4月~10月 10:00~19:00、11月~3月 10:00~17:00
休日:12/25、1/1
料金:16ユーロ(ドゥカーレ宮殿と共通チケット)

DSCN9809

行政館の1階はアーケード街になっており、ショップやカフェが軒を連ねていました。
晴れている日なら、オープンテラスのカフェでコーヒーも素敵ですね(*´ω`*)

DSCN9815

コッレール博物館側から見たサン・マルコ広場の大広場です。
大広場は、サン・マルコ寺院と新・旧行政館と博物館に四方を囲まれていました。
ナポレオンが「世界で最も美しい広場」と言ったのもうなずける景色ですね!
次のページからは、各スポットの詳細をリポートするのでぜひご覧ください(*^▽^*)

サン・マルコ寺院はベネチアでも一番人気の観光スポットなので、並ばないと入場できないことで有名です。確実に行列を回避したい場合は、「事前にネット予約」「オプショナルツアーに参加」するという方法があります。ネット予約システムは英語サイトなので心配な方は、オプショナルツアーを利用するのがおすすめです。
VELTRA / Alan1.netは日本語サイトで、口コミもたくさんあるから安心して予約できます。
割高にはなりますが、日本語ガイドが案内してくれ、効率よく観光できるのも嬉しいです。
詳しくは、サン・マルコ寺院専用口から優先入場する半日観光ツアーiconをご覧ください♪

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです

こんな記事も読まれています

関連記事

スポンサーリンク

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。

スポンサーリンク