イタリアの高速列車で、ベネチアからフィレンツェへ移動する方法!

1日目 ウフィツィ美術館と周辺の観光
スポンサーリンク

ベネチア滞在3日間を終え、続いてはフィレンツェ編のスタートです。まずは、ベネチアのサンタルチア駅からフィレンツェのフィレンツェSMN駅まで高速列車のフレッチャルジェントに乗って移動します。イタリアの鉄道はひと癖もふた癖もあるというウワサですが、無事にフィレンツェまでたどり着けるでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベネチアのサンタルチア駅から出発

DSCN0210

ベネチア本島にある鉄道駅、サンタルチア駅からフィレンツェへ向かいます。サンタルチア駅へは、徒歩か水上バスのヴァポレットでアクセスします。ヴァポレットを利用する方は、サンタルチア駅目の前にある「Ferrovia」またはサンタルチア駅から徒歩5分ほどの「P.le Roma」停留所で下船すると便利です。私達は宿泊していたリド島のヴァポレットB乗り場から5.2番線に乗船、約35分でP.le Roma停留所に到着し、徒歩でサンタルチア駅へ向かいました。

florence1

こちらがサンタルチア駅と駅構内です。小さなお土産ショップ、自動券売機、チケット売り場(窓口)があるだけの小さな駅です。チケットを持っていない方は、自動券売機かチケット売り場で購入しましょう。私達はあらかじめ、高速列車の2等席チケットを45ユーロで購入していました。

DSCN0212

構内の電光掲示板でホーム番号を確認しますが、表示されるのは10~20分前です。ギリギリになっても表示されないことも多いので、焦らずに待ちましょう(笑)9:25分発ローマ・テルミニ駅行き高速列車(電車番号9415)に乗って、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(フィレンツェSMN駅)には11:30着予定です。

florence2

日本とは違い、イタリアの鉄道駅には改札口はありません。駅構内を抜けると直接ホームに出るので、ホームまで誰でも自由に出入りできます。改札口がない代わりにホームには、写真右のような自動検札機があります。この検札機にチケットを挿入し、日付と時刻を刻印(timbrare ティンブラーレ)します。刻印を忘れると車掌さんが検札に回ってきた際に、罰金を取られますので注意してください!

DSCN0218

ホームにも電光掲示板があり、こちらの7番ホームから乗車します。イタリアの鉄道は出発直前にも関わらず、突然のホーム変更があります。もしこんな不幸な事態に見舞われてもここはイタリア、誰も助けてくれません。とにかく変更になったホームへ猛ダッシュしてください!!ホームに車両が進入するまで気を抜けませんので、電光掲示板は注意深く確認しましょう。

DSCN0217

無事に7番ホームへ車両がやってきました…これで一安心ですね。こちらが今回乗車する高速列車Frecciargento(フレッチャルジェント、略してFA)です。日本の新幹線のようなもので、以前はユーロスター(ES)と呼ばれていました。

florence3

車体には列車番号と車両番号が表示されているので分かりやすいです。チケットにもTRENO(列車番号)、CARROZZA(車両番号)、POSTI(座席番号)とFINESTRINO(窓側)またはCORRIDOIO(通路側)、POST CLASSE(1等車または2等車)が表記されていますので、確認して乗りましょう。

スポンサーリンク

高速列車に乗る

DSCN0235

それでは早速、電車に乗り込みます。デッキにはトイレとゴミ箱、荷物置き場がありました。この荷物置き場ですが、あまり広いスペースではなかったので混雑時はすぐに埋まってしまうかも。それと特大サイズのスーツケースは入らないかもしれません。

DSCN0228

車両内は明るくて清潔、向かい合わせの席と向かい合わせではない席がありました。イタリアの鉄道は、基本的に到着駅を知らせる車内アナウンスや発車ベルはありません。車内上部に設置されている電光掲示板を見て、降車駅を確認しましょう。

DSCN0237

座席も新幹線のように、グリーン車(1等車)とエコノミー(2等車)と2種類あり全席指定。私達は2等車に乗車しましたが、やはり運賃が高いだけに2等車でも治安は良かったです。客層は欧米&欧州の観光客、ビジネスマン、比較的裕福そうなイタリア人が多かったです。いくら治安が良いと言っても、貴重品はしっかり管理してくださいね。

DSCN0241

本当に発車ベルもアナウンスもなく、静かにひっそりと出発しました(笑)乗り損ね防止のため、ホームに列車がやってきたらすぐに乗車するのが安心ですね。とっても名残惜しいけど…ベネチアさよなら~!

フィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅に到着

florence4

のどかな田園地帯を走ること2時間5分。あっという間にフィレンツェに到着しました。こちらのフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅は、略して「フィレンツェSMN駅」「フィレンツェ中央駅」とも言われます。ベネチアのサンタルチア駅とは比較にならないほど本数も多く、長いホームでした。ベネチアと同じくフィレンツェ駅にも改札口はありませんので、そのまま駅構内へ入ります。

DSCN0242

ホームを抜けて自動券売機があるエリアを通過すると、窓口や待合室のあるエリアへ出ます。構内には飲食店やショップ、薬局、銀行などがあり広々としていました。やはりベネチアに比べると、都会のフィレンツェは少し治安が悪いと感じましたね。駅構内にもスリやジプシーがいるので、特に貴重品には気を付けましょう!

florence5

私達はここで2日後に移動する、ローマ行きの鉄道チケットを購入しておきます。自動券売機を操作してみますが、希望のチケットがなかったのでカウンターに並びました。日本と同じく番号札を取って待っていると、電光掲示板に番号が表示されます。番号札を取ると、待ち人数50人…!しかし意外と待ち時間は短く20分ほどで順番がきました。番号札を取ったけど、途中で諦めて帰る人も多かったようです。無事に2日後のローマ行き高速列車のチケットを購入できました。

今回は平日だったので、チケット売り場での待ち時間は比較的短いようでした。休日や繁忙期には1時間待ちになることもあります。時間がない方、券売機で購入するのが心配な方は、チケットを事前に予約していくと良いでしょう。イタリアの鉄道チケットは、トレニタリア公式サイト(英語)やレイルヨーロッパ(日本語)から予約することができます。
icon-caret-right トレニタリア公式サイト(英語)
icon-caret-right レイルヨーロッパ(日本語)
フィレンツェ駅からローマへ移動する方法は、こちらをご覧ください。
icon-caret-right イタリアの高速列車で、フィレンツェからローマへ移動する方法って?