イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

ドゥオモが一番美しく撮影できるのはココ!ジョットの鐘楼に上ってみよう

フィレンツェ滞在もいよいよ今日が最終日です。午後には3都市目のローマへ移動します。
実はフィレンツェ観光のハイライトである、ドゥオモ周辺をまだ訪れていなかったんですよ。スケジュールの都合で、観光するのが最終日になってしまいました(;^ω^)
まずは行列が予想される「ジョットの鐘楼」に上ってみたいと思います!

スポンサーリンク

ジョットの鐘楼について

時間:8:30~18:50
休日:1/1、12/25、復活祭(イースター)
料金:ドゥオモ共通チケット10ユーロ
※復活祭(イースター)とは、イエス・キリストが3日目に復活したことを祝う祭りです。
復活祭の日付は毎年変わり、2017年は4/16、2018年は4/1です。

ドゥオモ共通チケットについて

DSCN0813

  • チケット料金:10ユーロ
  • 利用できる施設:ジョットの鐘楼、クーポラ(ドゥオモの展望台)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ドゥオモの地下聖堂サンタレパラータ、ドゥオモ美術館の5施設です。
  • 購入場所上記見取り図の茶色の建物、3か所で購入できます。
    ジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂そばのチケット売り場、ドゥオモ美術館です。
  • 有効期限:最初の利用から24時間有効で、購入から6日以内に利用しなければならない。
  • 注意事項:1施設1回のみ入場でき、チケット裏のバーコードを各施設入口の機械にかざす。

※ドゥオモ美術館は改修工事中のため、2015年11月まで閉鎖中ですのでご注意を!
▼追記:ドゥオモ美術館の工事は終了し、現在は通常通り見学できるようになっています。

DSCN0790

建物左はドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)、右隣の細長い塔が「ジョットの鐘楼」で頂上からは、フィレンツェの美しい街並みが一望できます。
鐘楼にはエレベーターが設置されていないので、414段の階段を自力で上らないといけません。
※体力がない方、心臓や足が悪い方は上らないほうがいいでしょう。

DSCN0579

鐘楼は高さ約84mあり、14世紀に画家のジョットが設計したものです。
ジョットは建築開始から3年で亡くなってしまい、その後2人の建築家に引き継がれました。
階層ごとにデザインが違い、なんだかちぐはぐな印象を受けるのはそのためです。

florence22

このように外壁は、繊細な56枚のレリーフで覆われています。
現在外壁に付いているのはほぼレプリカですが、本物はドゥオモ美術館に展示されています。

DSCN0787

鐘楼の入口は建物の裏側にあり、入口自体は非常に地味なので見逃さないようにして下さい!
観光シーズンなら行列ができていると思うので、すぐに分かると思います。
行列を予想していたのですが、私達の場合はあっさりと入場できチケットを購入できました。
※ピークシーズン(特に7~9月)に訪れる方は、朝一番で並ぶことをおすすめします。

DSCN0714

1階のエントランスはとても狭く、このようなチケット売り場がありました。
クレジットカードは利用不可ですが、フィレンツェカードをお持ちの方は利用できます!

DSCN1836

こちらが購入したドゥオモ共通チケットになります。

DSCN0715

さっくりと入場でき、無事にチケットも購入できたのでさっそく上っていきましょう。
覚悟はしていましたが、ピサの斜塔を上った時とは比べものにならないほどしんどいです!
あまりのしんどさに、階段を撮り忘れるという痛恨のミスを犯してしまいます…
なんと、上っている途中に見える景色しか撮影していませんでした(笑)

florence18

すれ違うのがやっとの狭い階段を上って、吹き抜けになっている4階層目に到着しました!
鐘楼の内部は、わかりやすく言うと4階建ての構造になっています。
早く到着したかったので、2~3階層目はすっ飛ばしてきちゃいました。

DSCN0751

下の階が透けて見えますね…高い所は苦手なので足がガクガクしちゃいました(*_*;)

スポンサーリンク


DSCN0730

皆さまご覧ください、この美しきドゥオモ!頑張って上った甲斐がありました(≧▽≦)
「花の聖母マリア教会」の名にふさわしい佇まいじゃありませんか♪

florence19

写真左がサン・ジョヴァンニ洗礼堂で、残念ながらこの時は外壁の工事中でした。
写真右の真ん中あたりに見えるのが、1日目に訪れたヴェッキオ宮の塔の部分です。

DSCN0731

ドゥオモが一番キレイに撮影できるのは、屋上階より一つ下にあるこちらの4階層目です。
屋上階からだとドゥオモを見下ろす形になるので、真正面から撮影できるこの階層がおすすめ♪

DSCN0756

さらに階段を上っていくと…屋根裏みたいな屋上階に到着しました。
心臓バクバクでしばらく動けませんでしたが、他の人達も同じくゼーゼー言ってました(笑)

florence20

落ち着いてから屋上に出てみると、美しい赤屋根の街並みを眺めることができました(*^_^*)
屋上をぐるりと1周してみると、ガリレオやミケランジェロの眠るサンタ・クローチェ教会(写真左)や昨日訪れたピッティ宮(同右)が見えます。

florence21

続いて見えたのが1日目に訪れたレプッブリカ広場(写真左)、メディチ家一族が眠るメディチ家礼拝堂(同右)です。

DSCN0757

フィレンツェを訪れたらジョットの鐘楼クーポラ(ドゥオモの展望台)のどちらに上るか、迷うと思います。体力に自信のある方は、ぜひ両方上ってみてください。
どちらか一つなら、個人的には「ジョットの鐘楼」をおすすめします。
クーポラに上ってしまうと、当たり前ですがドゥオモが見れませんからね。
フィレンツェのシンボルであるドゥオモが一番美しく見えたのは「ジョットの鐘楼」でした!

次のページではドゥオモと洗礼堂に入場した様子を紹介していますので、ぜひご覧ください♪
時間がない人は押さえておくべき!フィレンツェの「ドゥオモ」見学ポイント
フィレンツェは見どころがコンパクトにまとまっているので、基本的に徒歩で観光できる街です。自力でも観光しやすい街ですが、不安な方や効率良く観光したいという方は、オプショナルツアーを活用すると良いでしょう。
「JTBのオプショナルツアー MyBus」の観光ツアーは年間200万人以上が利用しており、フィレンツェ観光の中心地を巡るツアーも扱っているのでおすすめです。
詳しくは、日本語ガイド付き フィレンツェ午前半日観光ツアーのページをご覧ください♪

スポンサーリンク

↓ シェアしてもらえると嬉しいです☆ ↓

関連記事

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中

ポチッと応援してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

ツイッターやってます

よく利用する航空券予約サイト

航空券を予約する時は、この3サイトで最安値を比較することが多いですね。航空券のネット予約では、「料金には燃油代が含まれているのか」「発券手数料が無料・有料どちらなのか」をチェックするのがポイントです!

JTBは前後3日間検索で最安値の航空券を見つけやすく、発券手数料0円なのも嬉しい!

HISといえば格安海外旅行の代表格ですね。LCC航空券も豊富に扱っています!

DeNAトラベルは発券手数料が高めですが、激安航空券が転がっていることも!

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。