イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

フィレンツェから電車で1時間!「ピサの斜塔」への行き方って?

フィレンツェ2日目は、世界遺産「ピサの斜塔」へ日帰り観光に行きたいと思います(*^▽^*)
ピサの斜塔は、フィレンツェから電車で1時間くらいの郊外に位置しています。
朝早くに行けばお昼にはフィレンツェに戻って来られるので、午後からは市内観光の予定です♪

スポンサーリンク

フィレンツェからピサの行き方

  1. フィレンツェSMN駅(中央駅)からLIVORNO(リヴォルノ)またはPisa(ピサ)方面行きの普通列車か快速列車に乗ります
  2. 約1時間でピサセントラル駅に到着します
  3. ピサセントラル駅からピサの斜塔へは、バス利用なら約10分、徒歩なら約20分で到着します

▼ピサ行きの列車の種類
ピサに向かう列車は、普通列車と快速列車があります。

  • Regionale:レッジョナーレ(電光掲示板等では略してR)という普通列車
  • Regionale Veloce:レッジョナーレ・ヴェローチェ(RV)という停車駅の少ない快速列車

残念ながら、特急列車や高速列車(イタリア版新幹線)はピサ駅に停車しません。
所要時間はRなら約1時間10~20分、RVなら約50分~1時間で、運賃はどちらも同じです。

※ピサセントラル駅の次の駅である「ピサ・サン・ロッソーレ駅」で降りると、徒歩5分でピサの斜塔まで行くことができます。しかしフィレンツェSMN駅からサン・ロッソーレ駅までの直行列車は本数が少なく、ピサセントラル駅で乗り換えが必要になる為、ここでは割愛します。

フィレンツェ駅からピサ駅までの行き方

pisa1

普通列車のチケットは日本であらかじめ予約していくことはできませんので、現地に行って券売機か窓口で購入することになります。
運賃は片道7.9ユーロ、売り切れることはまず考えられないので当日購入で充分間に合います。
トラブルなどが心配な方は、前日に購入しておくと安心かもしれませんね。
▼追記:2016年10月現在、運賃は片道8.40ユーロに値上がりしています。
詳しく時刻や運賃を調べたい方は、イタリア鉄道Trenitaliaの公式ホームページをご覧下さい。

pisa2

フィレンツェSMN駅の右端にある2番ホームから、この緑色の車体の列車に乗ります。
イタリアの鉄道駅には改札口がない代わりに緑色の自動検札機がホームに設置されています。
乗車前には必ず検札機にチケットを挿入し、日付と時刻を刻印するのを忘れないで下さい!

pisa6

フィレンツェSMN駅7:00発 → ピサセントラル駅7:49着、リヴォルノ方面行きのRV(快速列車)に乗車します。やはり普通列車なので全席指定の高速列車に比べ、車内の治安や雰囲気はあまり良いとは感じられませんでした。当たり前ですが貴重品はしっかりと管理しましょう。
あっという間にピサセントラル駅に到着し、コンコースを通って駅出口に向かいました。

DSCN0571

こちらがピサセントラル駅舎正面で、駅前広場には花壇や噴水があり明るい雰囲気ですね。

pisa5

駅前広場目の前には、「NH カヴァリエーリホテル」があります。
このホテルの真下にあるバス停留所から、ピサの斜塔行きのバスが出ています。
写真左の黄色に赤ラインの入ったLAM rossa線のバスに乗り、TORRE 1停留所で降ります。

DSCN0569

赤枠で囲まれているのがLAM rossa線の時刻表で、上段が平日、下段が休日の時刻になります。
ピサの斜塔までの所要時間は約10分、運行間隔は10分~15分くらいです。
時刻表について詳しく調べたい方は、ピサのバス会社 公式ホームページをご覧ください。
私達は目の前でこのバスに行かれてしまったので、徒歩でピサの斜塔に向かいました(^▽^;)

スポンサーリンク

ピサ駅からピサの斜塔への行き方

青線は実際に私達が歩いた、約1.9キロで20分のルートになります。
後から気が付いたのですが、私達が歩いたルートよりも短いルートが存在しました(;^ω^)
緑線の方が約300メートル距離が短いので、こちらのルートをおすすめします。

街歩きの際には、海外レンタルWiFiがあるとスマホがいつでも使えて便利です。
日本の大手キャリアの海外パケット定額は1日あたり約3000円しますが、WiFiレンタルなら1日あたり約1000円なのでとてもお得ですよ。
特にイモトWiFiのグローバルデータ海外専用グローバルWiFiの2社は安くておすすめです♪

DSCN0563

それでは実際に歩いたルートを紹介していきます。
個人的にはバスに乗る手間や待ち時間を考えると、歩いた方が楽だなと感じました。
ピサセントラル駅前から150メートルほど直進すると、「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の銅像」がある広場が見えてきます。

pisa4

銅像の右斜め後ろにある「コルソ・イタリア通り」を進みます。
銅像の左側にある道が距離が短いルートの方向なので、皆さんは間違わないでくださいね!

DSCN0557

コルソ・イタリア通りは意外に栄えており、アパレル系のお店や飲食店の多い通りでした。
250メートルほど進むと、こちらの「サンタ・マリア・デル・カルミネ教会」が見えてきます。
正面はオレンジ色の外壁で、側面はレンガ造りの教会です。

DSCN0555

教会からさらに250メートルほど歩くと、アルノ川に架かる「メッツォ橋」が見えてきます。

pisa3

メッツォ橋を渡りきると、「ジュゼッペ ・ ガリバルディの銅像」がある広場があります。
この広場の右奥にある「ボルゴ・ストレット通り」を直進します。
この通りはとても細い路地で、回廊のアーケード街になっていました。

DSCN0550

すると、すぐに「サン・ミケーレ・イン・ボルゴ教会」が見えてきます。
真っ白なファサードが目を惹く、美しい教会ですね。

DSCN0539

教会から400メートルほど直進すると、写真の奥に映っている背の高い木が見えてきます。
イタリアイケメン&美女カップル(笑)の後ろにある木なんですけど、分かりますか?

DSCN0537

先ほどの背の高い木は、この遺跡と城壁の広場にある木でした。この遺跡広場に突き当たったら、左に曲がり「カルディナーレ・マッフィ・ピエトロ通り」を直進するだけです。

DSCN0406

とうとうピサの斜塔が見えてきました(≧▽≦)遠くから見ても想像以上に傾いていますね!

ピサの斜塔はフィレンツェから自力で訪れても、半日あれば観光して帰ってこられる場所にあります。ただ、ピサまで足を延ばすのが不安な方や効率良く観光したいという方は、オプショナルツアーを活用すると、よりフィレンツェ滞在が満喫できるかもしれません。
「JTBのオプショナルツアー MyBus」の観光ツアーは年間200万人以上が利用しており、ピサの斜塔に入場できる半日観光ツアーも扱っているのでおすすめです。
詳しくは、日本語ガイド・斜塔入場付き ピサの斜塔半日観光ツアーのページをご覧下さい♪

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです

こんな記事も読まれています

関連記事

スポンサーリンク

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。

スポンサーリンク