イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

シニョリーア広場を中心に、ウフィツィ美術館周辺の観光スポットを紹介!

無事にホテルのチェックインが終わったので、さっそくフィレンツェ観光のスタートです!
まずは観光の中心地で、いつも賑わっている「シニョーリア広場」の周辺を巡ります。
広場にはたくさんの彫刻作品が飾られており、目の前にはヴェッキオ宮が建っています。
その後はウフィツィ美術館にて、美術史に残る名画の数々を鑑賞しますよ(≧▽≦)

スポンサーリンク

こちらの地図は私達が実際に歩いた、約2キロの観光ルートです!

フィレンツェは見どころがコンパクトにまとまっているので、基本的に徒歩で観光できる街です。自力でも観光しやすい街ですが、不安な方や効率良く観光したいという方は、オプショナルツアーを活用すると良いでしょう。
「JTBのオプショナルツアー MyBus」の観光ツアーは年間200万人以上が利用しており、日程にヴェッキオ宮の入場やシニョーリア広場の見学も含まれているのでおすすめです。
詳しくは、日本語ガイド付き フィレンツェ午前半日観光ツアーのページをご覧ください♪

florence6

ホテルから真っ直ぐ300メートルほど歩くと、「ドゥオモ」が見えてきました(^_^)/
さすがフィレンツェを代表する観光スポットなだけに、物凄い数の観光客が!!
じっくり観光したい気持ちは山々なのですが、後日のお楽しみ…
こちらのページも合わせてご覧ください♪
時間がない人は抑えておくべき!フィレンツェの「ドゥオモ」見学ポイント

DSCN0253

ドゥオモから200メートルほど直進すると、「レプッブリカ広場」が見えてきます。
「共和国広場」とも呼ばれており、古代ローマ時代から街の中心として栄えていました。
広場にはメリーゴーランドや露店、おしゃれなショップやオープンカフェなどがあり、たくさんの人で賑わっていましたよ!

DSCN0583

さらに真っ直ぐ進みますよ~。石畳と石造りの建物が美しい、中世のような街並みですね。
この通りには、アパレルのお店が多くありました。それにしても…ジリジリと暑い!!
ベネチアよりフィレンツェの方が、陽射しが強く感じるのは私だけ?(*_*;)

DSCN0585

続いては「メルカート・ヌオーヴォ(新市場)」が見えてきました。
回廊の敷地内には、財布やバッグなどの革製品を扱う露店などがぎっしりと並んでいます。
ショップに比べると価格も安めに設定されており「安くするから買ってって~!」と声を掛けられたので、値切り交渉もできそうな雰囲気でしたよ♪
この市場にはブロンズのイノシシ像があるのですが、このイノシシの「鼻を撫でると幸せになれる」というジンクスがあるそうです!ぜひ撫でてみてくださいね~(*^▽^*)

DSCN0259

お腹がすいたので、この辺りでランチタイムにします♪
時間がないのでサクっと食べられそうなホットサンドにしました。
もっちりとしたバンズに、カツレツとレタス・トマトがサンドされています。
その場で温めてくれ、ボリュームがあるのでこれ一つでお腹いっぱいになりました(*´ω`*)

DSCN0589

続いては「シニョリーア広場」と中心に建つ「ヴェッキオ宮」です。
「ヴァッケレッチャ通り」という細い路地を曲がると、この二つが突然現れます。
シニョリーア広場は中世の頃から政治の中心として栄え、現在も多くの観光客と市民で賑わっています。彫刻作品がたくさん並んでおり、まるで野外美術館のようです(*’ω’*)

DSCN0587

94メートルのタワーが印象的なヴェッキオ宮は、14世紀に建てられました。
かつては共和国政庁舎だった建物で、現在も市庁舎として使用されているというから驚き!
一部が美術館として公開されており、ミケランジェロとダヴィンチの絵画対決が行われた「500人大広間」が最大の見どころです。

【ヴェッキオ宮】
時間:【博物館】4~9月 9:00~24:00、10~3月 9:00~19:00、木曜~14:00
   【タワー】4~9月 9:00~21:00、10~3月 10:00~17:00、木曜~14:00
休日:博物館・タワーともに12/25
料金:博物館10ユーロ、タワー10ユーロ、博物館+タワー14ユーロ

florence7

ヴェッキオ宮の入口には、ミケランジェロ作「ダビデ像」のレプリカ(写真右)があります。本物はアカデミア美術館に所蔵されています。
写真左はヴァンディネッリ作「ヘラクレスとカークス像」です。

DSCN0598

ヴェッキオ宮の左側には、バルトロメオ・アンマナーティ作「ネプチューンの噴水」があります。大理石とブロンズで出来ており、ネプチューンは海の神様です。

DSCN0599

さらにお隣には、ジャンボローニャ作「コジモ1世の騎馬像」がありました。
コジモ1世はメディチ家の当主で、ウフィツィ美術館やヴァザーリの回廊を建設した人物です。

florence8

ヴェッキオ宮の右側には「ロッジア・ディ・ランツィ(ランツィの回廊)」があります。
3連アーチの美しい回廊で、彫刻作品がたくさん展示されていました。
ベンヴェヌート・チェッリーニ作の「ペルセウス」が特に有名です。

スポンサーリンク


florence9

さて、続いてはシニョリーア広場から600メートルほど東にある「サンタ・クローチェ教会」にやってきました!教会前には大きな広場があり、真っ白なファサードが美しいですね~。
ガリレオ・ガリレイやミケランジェロなど、イタリアを代表する著名人の墓があります。
教会内には様々な絵画や彫刻があり、ジョット作「聖フランチェスコ伝」は必見です!

DSCN0661

また教会内には革工房が併設されており、レザーグッズ作りが体験できます。
時間があれば挑戦してみてはいかがでしょうか?

【サンタ・クローチェ教会】
時間:月~土 9:30~17:30
   日曜、祝日、1/6、8/15、11/1、12/8 14:00~17:30
休日:1/1、6/13、10/4、12/25-26、イースター(復活祭)
料金:6ユーロ   ※露出の多い服装とフラッシュ撮影は禁止です。

DSCN0387

それでは元来た道を戻り、ウフィツィ美術館へ向かいます!
500メートルほど戻ると、ヴェッキオ宮の側面が見えてきました。
シニョリーア広場と美術館は道が繋がっているので、広場を通って美術館に行きます。

DSCN0266

ヴェッキオ宮横の小道を通って「ウフィツィ美術館」に到着しました!
街歩きの際には、海外レンタルWiFiがあるとスマホがいつでも使えて便利です。
日本の大手キャリアの海外パケット定額は1日あたり約3000円しますが、WiFiレンタルなら1日あたり約1000円なのでとてもお得ですよ。
特にイモトWiFiのグローバルデータ海外専用グローバルWiFiの2社は安くておすすめです♪

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです

こんな記事も読まれています

関連記事

スポンサーリンク

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。

スポンサーリンク