イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

ローマの休日でおなじみ、スペイン広場を訪れたらなんと工事中だった!?

とうとうイタリア旅行も最終日、夕方までめいっぱい観光して帰国便に搭乗する予定です。
ローマ観光3日目の今日は、映画「ローマの休日」ゆかりのスポットを中心に巡ります♪
私達は地下鉄でフラミーニオ駅まで行き、そこから徒歩で南下しました。
フラミーニオ駅→ポポロ広場→スペイン広場→トレヴィの泉→パンテオン→ナヴォーナ広場、というルートです。このページでは、フラミーニオ駅からスペイン広場まで観光した様子をお伝えします(*^_^*)

スポンサーリンク

フラミーニオ駅からスペイン広場までの行き方です。
1. 地図上の緑ルートは最短ルートになります。約650メートル、徒歩8分です。→おすすめ!
2. 地図上の青ルートは私達が歩いたルートになります。約950メートル、徒歩12分です。
→高級ブランドが並ぶ「コンドッティ通り」を歩きたかったので、あえてこのルートを選択。

ローマはお世辞にも公共交通機関が充実しているとは言えず、観光スポットが点在しているためフィレンツェやベネチアに比べて観光に不便な街です。
地下を掘れば遺跡が発見されるので地下鉄は2路線しかなく、市バスは観光客が利用するには難易度が高いという、個人旅行者泣かせの街なんです(;^ω^)
地下鉄と徒歩でも観光できますが、時間がない方や体力に自信がない方はオプショナルツアーを活用すると、さらにローマ観光を楽しめると思います。
「JTBのオプショナルツアー MyBus」の観光ツアーは年間200万人以上が利用しており、日程にはスペイン広場やトレヴィの泉の見学も含まれているのでおすすめです。
詳しくは、日本語ガイド付き ローマ午前半日観光ツアーのページをご覧ください♪

vatican16

ローマの地下鉄は、A線とB線の2路線しかないので非常に分かりやすいです。
フラミーニオ駅はA線にあり、ローマのメインステーションであるテルミニ駅から4駅目です。
また、写真左の自動券売機で、5種類の乗車券の中からいずれかのチケットを購入します。
今回は1.5ユーロの1回券を購入しました。

DSCN1699

こちらがフラミーニオ駅です。駅を出るとすぐに、巨大な「ポポロ門」が目に入ります。
このポポロ門をくぐると…

DSCN1691

ポポロ広場に出ました~!
古代より交通の要所として栄えていた場所で、楕円の形をした広場です。
広場の中心にはオベリスクがそびえ、その奥にはそっくりな形をした2つの教会が見えます。
映画「ローマの休日」では、タイトルバックにこのポポロ広場と双子教会が映し出されます。

DSCN1690

振り返ってみると、今くぐってきたポポロ門が見えます。
かつては税関として使用されていた門で、ファサードの装飾はバチカン市国の「サン・ピエトロ広場」を設計したことでも有名なベルニーニが手掛けたものです。

DSCN1694

ポポロ門のすぐそばには、「サンタ・マリア・デル・ポポロ教会」があります。
カラヴァッジョ作「聖パウロの回心」と「聖ペテロの磔刑」を所蔵していることで有名です。
他にもラファエロが設計した礼拝堂やベルニーニの彫刻など、巨匠の作品が無料で見れる貴重な教会なんですよ(*^▽^*)

【サンタ・マリア・デル・ポポロ教会】
時間:7:00~12:00、16:00~19:00  日曜・祝日は7:30~13:30、16:30~19:30
休日:なし   料金:無料

DSCN1697

そして、広場の正面には形がそっくりな双子教会があります。向かって左側が「サンタ・マリア・ディ・モンテサント教会」、右側が「サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会」です。
実は右側の教会の方が小さいのですが、同じ大きさに見えるように設計されているんですよ。

DSCN1685

広場の中心には、高さ36メートルのオベリスクが立っています。もともとはエジプトのラムセス2世の神殿にあったものですが、初代ローマ皇帝アウグストゥスが遠征時に持ち帰りました。
かつては、ローマ1日目に訪れた「真実の口」の近くにある古代ローマ遺跡の「チルコ・マッシモ」に立てられていましたが、16世紀にこのポポロ広場に移設されました。

DSCN1686

オベリスクのそばには、四方を囲うようにライオンの噴水がありました。
百獣の王ライオンのくせに吐いて具合悪そう(笑)可愛かったので思わずパシャリ。

スポンサーリンク


DSCN1688

ポポロ広場からは南方に向かって、3本の道が放射状に延びています。
スペイン広場へ向かう最短の道は、左の「バブイーノ通り」です。
右の「リペッタ通り」を20分弱歩けば、パンテオンやナヴォーナ広場に出ます。
私達は高級ブランド店が建ち並ぶ「コンドッティ通り」を歩いてみたかったので、遠回りにはなりますが真ん中の「コルソ通り」を進みました(*^^)v

DSCN1680

コルソ通りは「ポポロ広場」とヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂がある「ベネチア広場」の間、約1.5キロを一直線に結ぶ通りです。
地図を見てみると、古代ローマ時代から重要な通りだったことがうかがえます。
H&MやGAP、ナイキ、アディダスなど、カジュアルブランドのお店が多く並んでいましたね。

rome11

コルソ通りを8分ほど歩くと、コンドッティ通りと交差しますので左折します。
コンドッティ通りは高級ブランド店が建ち並ぶ通りで、プラダやグッチ、フェラガモ、ドルガバ、フルラ、エルメス、ディオールなどなど…世界に名だたるブランドが集まっています。
中でもブルガリ、フェンディ、ヴァレンティノはここに本店がありますよ(≧▽≦)

DSCN1656

どのショップも気軽に入れるような雰囲気ではなかったので、他の観光客もウインドーショッピングで楽しんでいるようです。少し歩くと、前方にスペイン広場が見えてきました~!
ん?!なんだかイヤな予感が…

DSCN1678

なっ、なんとスペイン広場のシンボルである「トリニタ・デイ・モンティ教会」が工事中ではないですか~!足場で覆われていて全く見えません(;_;)

DSCN1676

ついでに「バルカッチャの噴水」も工事中ときましたよ…。
「ローマの休日」を見て楽しみにしていただけに、これは相当ショックでした( ;∀;)

DSCN1661

アン王女がジェラートを食べていた場所は、この辺りだったでしょうか?
雰囲気だけでも感じようじゃありませんか!ちなみにこの場所では飲食が禁止されているので、ジェラート片手に記念撮影はできませんから注意してくださいね。

※「バルカッチャの噴水」は、2014年秋に工事が完了しています。
「トリニタ・デイ・モンティ教会」は、2016年も引き続き工事が行われています。
2015年10月より「スペイン階段」の工事が行われており、階段に立ち入ることができなくなっています。工事完了は2016年春頃を予定しているそうなので、訪れる方はご注意ください!
▼追記
2016年9月下旬、スペイン階段およびトリニタ・デイ・モンティ教会の修復工事が完了しました!以前と同じ美しい姿で、観光客の皆さんをお迎えしていますよ♪

DSCN1660

こちらは、スペイン広場の近くにあり目立っていた「無原罪の聖母マリア柱」です。
それでは気を取り直して、次の目的地「トレヴィの泉」に向かいましょう!

街歩きの際には、海外レンタルWiFiがあるとスマホがいつでも使えて便利です。
日本の大手キャリアの海外パケット定額は1日あたり約3000円しますが、WiFiレンタルなら1日あたり約1000円なのでとてもお得ですよ。
特にイモトWiFiのグローバルデータ海外専用グローバルWiFiの2社は安くておすすめです♪
次のページでは、トレヴィの泉→パンテオン→ナヴォーナ広場を訪れたのでぜひご覧下さい!
ローマの定番観光地巡り!パンテオン、ナヴォーナ広場周辺を歩いてみよう

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです

こんな記事も読まれています

関連記事

スポンサーリンク

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。

スポンサーリンク