イタリア旅行に役立つ情報が満載のブログです!個人でローマ・フィレンツェ・ベネチアを周遊した旅行記も公開♪

ローマ広場に到着!サンタルチア駅での鉄道チケット購入リポート

ベネチア空港からACTV社の市バスに乗って、ベネチア本島のローマ広場に到着しました!
続いては、ローマ広場から歩いて3~4分の「サンタルチア駅」へ向かいます。
3日後にはフィレンツェへ移動するので、サンタルチア駅で鉄道チケットを購入します。
その後は、宿泊するホテルがある「リド島」へさらに移動しますよ♪

スポンサーリンク


DSCN9996

こちらがローマ広場です。この辺りは世界中からの観光客でかなり混んでいましたね~。
水上都市であるベネチアは、このローマ広場までしか車の乗り入れができません。
タクシーもバスも自家用車もここが終点となり、ベネチア島内は徒歩か船で観光します。

venice1

ローマ広場から100メートルほどの場所には、観光案内所(写真左)とヴェネチア ピープルムーバーの駅(写真右)があります。

「ヴェネツィア ピープルムーバー」とは
2010年に開業した無人運転のケーブルカーのことです。全長800メートルほどで駅は3つだけ、料金は1.3ユーロ1.5ユーロです。駐車場がある「トロンケット駅」とクルーズ船の港がある「マリッティマ駅」と、ここ「ローマ広場駅」を結んでいます。大型客船でのクルーズ旅行やレンタカーで旅行されている方は利用することになるでしょう。

DSCN9682

サンタルチア駅が見当たらないので、チケット売り場のおばちゃんに聞いてみましょう。
どうやら駅は約300メートルほど先、この恐ろしく長い橋を渡った所にあるようです。
ハアハア…(*_*;)トランクを持ちながら、このダラダラと続く階段はキツいです!
景色を見る余裕もなく、なんとか橋を渡りきりました…

DSCN9696

地獄橋(正式にはカラトラーヴァ橋といいます 笑)を渡ったあとは、この景色!
一気にテンションMAXです(≧▽≦)

DSCN9998

エメラルドに輝く運河と中世の街並み、行き交う船…これぞベネチア!!!!
この景色を見て感動しない人なんていないでしょう!?というぐらいの美しさです(*^▽^*)
長旅の疲れも一気に吹き飛び、写真を撮りまくります(笑)

DSCN9685

ずっと見ていたい景色だけれど、とりあえず鉄道チケットを買わないといけません。
こちらがサンタルチア駅の正面入口になります。
ところで、ベネチアは島なのに鉄道があるの?と疑問に思った方いますよね。
実はイタリア本土側から橋で繋がっており、このサンタルチア駅が終点となっているんです。

スポンサーリンク


DSCN0215

駅構内は、小さなお土産ショップなどがちらほらとあるだけのこじんまりとした駅です。
外国の駅は汚い駅も多いのですが、サンタルチア駅はベンチや床も清潔でした。

DSCN9690

訪れた時は自動券売機コーナーに、結構な人数が並んでいました。
券売機コーナーのすぐそばには、カウンター(みどりの窓口みたいなもの)もあります。

DSCN9693

券売機は何種類か色・デザイン違いがありましたが、操作してみるとどれも同じでした。
言語はイタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語に対応しています。
現金とクレジットカードが利用できます。

DSCN9689

券売機では前情報で入手していた希望のチケットがなかったので、カウンターに並ぶことにしました。入口付近にある番号札を取って待ちましょう。
カウンターは8つほどあり、天井についている電光掲示板に番号が表示されます。
番号札を取ると、待ち人数…30人!?いつになったら順番がくるのでしょうか(;_;)

DSCN0236

しかし意外と待ち時間は短く、20分ほどで順番がきました。
番号札を取ったけど、途中で諦めて帰る人も多かったようです。
隣に並んでいたおばあちゃんも「…クレイジー。」ってつぶやいていたぐらいだもんね(笑)
無事に3日後のフィレンツェ行き高速列車のチケットを購入できました!

この日は平日だったので、カウンターの待ち時間は比較的短いようでした。
休日や繁忙期は1時間待ちということもあります(>_<)券売機で購入するのが不安な方や時間がない方は、事前にチケットを予約していくのもおすすめです。
こちらの予約サイトでは、ヨーロッパの鉄道チケットが日本語で予約できるのでとても便利です→レイルヨーロッパならイタリアの高速列車も予約できます

DSCN0045

さて、いよいよ宿泊予定のホテルがあるリド島へ向かいたいと思います♪
リド島へは空港で購入した共通チケットを使い、ヴァポレットで移動します。
ヴァポレットとはこんな感じの水上バスのこと。ベネチア市民の大切な足でもあります。

DSCN0002

サンタルチア駅の目の前にある、ヴァポレット乗り場から乗船します。
黄色ラインに停留所名が書かれた建物なので、すぐにわかると思います。
乗船前には必ず、機械にチケットをかざしてください!←忘れると罰金を取られることも。

DSCN9700

このFerrovia(フェッローヴィア)停留所から、5.1番線に乗ってリド島へ向かいます。
大体、1時間に2便(毎時04分と34分)運航しているようです。Let’s Go リド島!
サンタルチア駅からフィレンツェへ移動する方法は、こちらのページをご覧ください♪
イタリアの高速列車で、ベネチアからフィレンツェへ移動する方法!
電車の種類と乗り方のページも合わせてご覧ください♪

スポンサーリンク

↓ シェアしてもらえると嬉しいです☆ ↓

関連記事

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中

ポチッと応援してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

ツイッターやってます

よく利用する航空券予約サイト

航空券を予約する時は、この3サイトで最安値を比較することが多いですね。航空券のネット予約では、「料金には燃油代が含まれているのか」「発券手数料が無料・有料どちらなのか」をチェックするのがポイントです!

JTBは前後3日間検索で最安値の航空券を見つけやすく、発券手数料0円なのも嬉しい!

HISといえば格安海外旅行の代表格ですね。LCC航空券も豊富に扱っています!

DeNAトラベルは発券手数料が高めですが、激安航空券が転がっていることも!

よく利用するホテル予約サイト

海外ホテルを予約する際には、必ずこの3サイトをチェックしています。検索で表示された料金に「予約手数料」を含むサイトと含まないサイトがあるので、最終的な支払金額をしっかりと確認してくださいね。

Expediaは世界最大の旅行予約サイトです。全ホテルを最低価格にて保証しています!

Hotels.comは他社にない検索機能が充実。10泊すると1泊無料になる特典が嬉しい!

国内ホテル予約でもおなじみのじゃらん!最大1万円OFFクーポンを実施しています。